Chipper* 共働き主婦の家づくり

仕事と子育てと両立しやすい家を作っていきたいと思います。
夫と息子(3歳)の3人暮らし。2016年11月に家族が増えます☆

ショールームに行く TOCLAS編

工務店の標準仕様があるメーカー2つ目、TOCLAS(元ヤマハ)に行ってきました。

予約した時間ぴったしに到着。
着いた瞬間に入口でオニギリを作りながら何かをデモンストレーションしているお姉さんが2人がいましたが、他にお客さんは誰もいませんでした。

担当のお姉さんと挨拶もそこそこに、キッチン話から始まりました。
TOCLASの特徴は「人工大理石」
キッチンのワークトップからシンクまで全部が人工大理石です。ステンレスからは完全撤退したそうな。

実際に重い缶詰をステンレスのシンクと人大のシンクに落として傷具合や衝撃度の実験をしてました。
そして全部が人大なのでつなぎ目がなく、掃除や手入れがしやすい事、シンクの色も自由に変えられるので、統一感が出てオシャレです。
 
3700e3a68468b0356ca2886cde94b820


形も上図のように丸いデザインから、普通の四角い形まで多種多様です。
IHは日立かパナソニック製です。

お風呂は元・ヤマハの名にかけて「音楽がきけるお風呂」などがありました。
タカラもそうでしたが、基本的にシャワー部分の壁のみ壁紙が指定できるようです。

タカラでは一通りの説明を受けただけでしたが、TOCLASではガッツリと詳細を聞かれて見積もりを取ってもらったので、キッチン、洗面台、お風呂と聞いた後はクタクタになっていました。

でもタカラには無かったキッズスペースのおかげで、夫と息子が遊んでいてくれたので良かったです。

おおざっぱですいません

ショールームに行く タカラ編

だいぶ前になりますが、ショールームに行ってみました。
我が家から車で20~30分くらいのところに色々なメーカーのショールームが乱立している街があり(普通そうなのかな?)ちょっと雰囲気を見るつもりで出かけてみました。

まだ工務店を決定した訳ではないのですが、とりあえず今話がすすんでるA工務店の標準仕様を見せてもらってきました。予約をしていった方が良いというので、一番最初に予約が取れたタカラを見に行くことに。

ちなみにこのA工務店では、タカラ、LIXIL、TOCLASの3社の標準仕様がついています。
もちろんこの3社以外の装備もいれる事は当然できますが、標準がないので割引き率などは良くないみたいです。

雨の降る午後、タカラのショールームへ。
A工務店の紹介だと伝えると特別ルームに案内されました。
知らなかったのですが、この様なメーカーの装備には一般販売用と業者向け用があり、今回A工務店が指定している標準装備は業者向けなので一般の人は購入できないものなのでした。なので展示場も一般用のショールームとは別にあり、工務店などから契約する人が買う専用のスペースがあったのでした。

そこでキッチンとお風呂、洗面の説明を拝聴。

なんの予備知識もなく行ったのですが、タカラはホーロー推し。七宝焼きのそれです。
すべてホーローで攻めてきます。丈夫、手入れがしやすい、マグネットがくっつく!!というのがウリです。
デザインはちょっと古めですが、こだわりが無いなら十分すぎるスペックです。
ホーローという性質上、細かい部品やデザインが難しいそうで割りとシンプルな造りが多いそうです。


私の備忘録的にかいておくと

●キッチン
・なにからなにまでホーロー
・天板は人工大理石(高グレード)
・シンクは人工大理石とステンレスが選べる
・ガスコンロ(オプションでIHに変更可)
・標準より1つ上のグレードの換気扇の方が使いやすそう

●風呂
・これもホーロー
・風呂脇の板は外せないから掃除の必要はなし。

●洗面器
・ホーローと陶器の洗面台がある。
・洗面台部分が丸く突き出しているので、フラットなデザインが好きな人には微妙。
takara
 たしかコレだったような。壁付け水栓でも無かったです。 

なんせ日にちが空いてしまったので記憶があいまい…。
ショールームというものを初めてちゃんと見たので、それだけでお腹いっぱいになってしまいました。

帰りにグルメカード1000円分も頂いてホクホク。
こんな感じで終わりました。

間取りできたー!

仕事が忙しい時期になり、なかなか家造りに時間をさけずにいます。

そんな中…3Dマイホームデザイナーを購入しました!



間取りを手軽に作ることが出来るソフトです!
最初は必要あるかなー?と思っていましたが、今は買って大正解!
むしろこれが無い家づくりは私には無理!!というくらい役に立ってくれています。

間取りもたたき台としてはほぼ見えてきた感じで、あとは細かいキッチンの向きや洗面所の大きさなどを詰めているところです。

早速マイホームデザイナーを使って間取りを書いてみました。



1F
ICS5_1


2F
ICS5_2

やっぱ専用ソフトがは綺麗!!
今まで手書きで地道にやっていたのが何なのかと思う位、素敵な出来栄えです。

この間取りを2つの工務店にそれぞれに提出し、構造的に無理なところや改善点があったら書き直してもらう約束にしました。


待ちきれないから3Dで作って妄想ニヤニヤ。
3D2

玄関からリビングに入ったところ



3D1
鳥瞰図



いやもう、自宅でこんな事ができるなんて感激ですね!!!
今の技術力に乾杯!!! 

自分で間取りを書いてみる

A務店、もしくはBホームで家を建てたいというのは決まりました。(心の中で)

しかし家に関しては夫婦共々全くの素人だった為、とりあえず家に関する書籍を読み漁りました。
そこでなんとなく本屋で手に取ったこの本、「間取りにこだわればいい家になる」を読んで、自分でも間取り書いてみたいと思うようになりました。




さっそく方眼紙を買ってきて、夜な夜な夫と二人で思いつくままに間取りを書く。
仕事中も人の目を盗んではコソコソと間取りを書いていました。(コラ)
しかし如何せん素人なもので、何が良い間取りで何が悪い間取りなのかサッパリ…。

写真 2


毎日思いつくまま方眼紙に書いていました。いったい何枚書いたろうか…

また同時に「要望書」というのも作成。 
これは「20年後も素敵な家」さんのブログをかなり参考にさせて頂きました。
本当にありがとうございます!
 
そんなこんなで気付けば30ページくらいの要望書が出来上がりました。

写真 1
(家族構成から生活スタイルなどなど…)


My要望書を軽~くまとめると:

・35坪程度の2階建て
・西玄関
・共働きなので、1階ですべてが完結する家がいい
・和室から外に出て、洗濯も1階で干す。乾いた洗濯物は和室で畳んでクローゼットへ。
・帰宅後すぐに着替えられるように1階に3畳程度のファミリークローゼット。
・キッチンは対面
・リビング階段はしない(冷暖房効率や騒音を考えて)


などが、ざっくり抜き出したほんの一部です。
自分で見直して整理もできるし、工務店にこのまま渡すこともできたので要望書は作ってよかったです。

これらの要望を入れると、我が家では総二階という作りは難しいという事がわかりました。
なぜなら1階で済ませたい事が多すぎる!(笑)
ざっとな概算ですが、1階が23坪、2階が12坪程度の大きさになることが理想。

うまくいくかなぁ・・ 

工務店さがし

もともとハウスメーカーで建てるつもりはなかったのですが、家は沢山みた方がいいだろう&間取りの参考になればとハウスメーカー村に足繁く通っていました。

しかし「寄ってらっしゃい、見てらっしゃい」という客引きの強引さ・・・!
「道を歩けば物売りが寄ってくる状態」はなんと言えばよいのか…!物で釣ってくる割には物をくれた試しなんてありゃしないじゃないか!!(っ`Д´)っ・:∴

だんだんハウスメーカーも見飽きてきたので、今度は近所の「建物完成見学会」に足を伸ばしてみました。
たまたま入った見学会でしたが、対応も悪くなく話も通じやすそうだったのでそこのA工務店に好印象を持ちました。

A工務店の施工は在来工法で地場産の杉の木を使う地元中心の工務店です。
在来工法とは、木造軸組構法といい日本伝統の建築工法です。
日本の気候、湿度にあった建築方法で建てられています。 
またA工務店はプレカットではなく、大工さんがその場で切ったり加工したりする昔ながらの工法で建てている工務店さんです。デザインのセンスというのはあまり期待はできないかな・・・という気もします。

また同時にBホームという工務店も見学に行きました。
Bホームは輸入住宅をメインとした地元工務店です。
輸入住宅というくらいなので、デザインはものすごく凝っています。
建材も輸入、施工は2×4(ツーバイフォー)です。 
プロバンス風、スウェーデン風など、メルヘンチックな家が得意なんだろうと思われる工務店さんです。

在来工法とツーバイフォー、まったく生活スタイルが変わってしまうのでどちらが良いのかとても悩みます。

photo01


A工務店(在来工法)のメリット
・A工務店は父の知り合いでもあるので、そこそこ融通は利いてくれそう。大工さんも安心できる。
・近い。車で5分くらい。
・話がトントンと進んで滞りがない。父の知り合いなのでぶっちゃけトークをしてくれる。
・アフターメンテ顧客と密着型である。毎年夏にはトウモロコシを全部の顧客に配ってるそうです。(うちも貰いました。その後も度々野菜を届けてくれます。)

デメリット
・父の知り合い故、断りづらい。
・あんまり凝った造りはしなさそう
・造作家具は苦手傾向


Bホーム(2×4)のメリット
・ツーバイフォーなので頑丈、地震に強い
・窓を締め切り、換気システムでの生活になるので花粉アレルギー持ちには良いかも
・造作家具に慣れている
・おしゃれ

デメリット
・オシャレすぎて標準の住宅設備が私にはゴテゴテすぎる
・人気な為になかなか打ち合わせの予約が取れない
・人気な為、施工時期が大幅に遅れる(仮に今契約したとしても完成は1年後)
・人気な為、アフターメンテナンスがなかなか来ない
・ツーバイフォーの歴史が浅すぎて将来性が不明 

Bホームは色々なテイストの家を作っているので、見に行くにはとても楽しいですが
人気な為に世話しなく人が出入りしており、何組もの家族と交代交代で部屋をのぞいたり忙しい雰囲気があります。また完成見学会に来た人は必ず白い手袋をはめるように指示されたり、スタンプカードを配られたりとなかなか一味違うテイストを主流にしているようです。

入り口のテントで受付の人が普通にカップラーメンと唐揚げ食べてたのはちょっと頂けなかったなぁ・・・
わざわざ来場客に手袋着用を義務付けてる割に、気を使っているのか使ってないのか不思議。

費用的にはA工務店もBホームもほとんど差はありませんでした。

私、個人としては施工が遅くなると消費税の問題(今の時点では2015年10月に10%に増税か?というところ)や、2人目の出産も遅れることなどから、早く上棟できるA工務店がいいかなぁと思ってはいるのですが。

あとは旦那におまかせですね。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
  • 入居後Web内覧会 脱衣所(ランドリールーム)
アクセスカウンター

ブログ村
  • ライブドアブログ